■ 『新築瑕疵』・『契約不適合』問題の相談

■ マンションの耐震診断

■ 大規模修繕や設備改修等の様々なコンサルティング

お問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

耐震診断・耐震補強設計

耐震診断をやっても
NG確実だからやらない方が得だろう

耐震診断は構造図から様々なデータを読み取り、解析ソフトに入力することで結果を導き出すものです。

すなわち、構造建築士の数値の見方に影響される部分があるのです。

耐震補強設計費用と耐震補強工事の費用が高すぎてできない

本当にそこまでの補強が必要なのか、現実離れした工事金額なのかもしれません。これを見直しできます。

耐震診断を行って、結果がNGで、次のステップに行けなくなった建物は東京都内にたくさんあります。

本当にすべてNG判定だったのでしょうか?

全ての構造建築士が同じやり方で、誰がやっても同じ答えがでると思い込んでいませんか?

確かにルールはありますが、考え方は人それぞれであり、構造計算する際の数値の読み取り方が違えば結果として出てくる“耐震指標:Is値”にも違いが出るのです。

 

本当はNGではなかったというのは少数かもしれませんが、

実は『ほんの少し足りなかっただけ』という建物が多数存在します。

 

安全側に寄り過ぎることで、過剰な補強設計になってしまうこともあるようです。これが悪いということではありません、しかし現実に近い感覚でなんとか補強できないものかと誰しも思うところはないでしょうか。

 

一度、過去の耐震診断結果を確認してみませんか?

新しい切り口の発見、費用問題の軽減、建物の将来が見えてくる可能性があります。

東京都中央区日本橋小伝馬町17-12 堀第3ビル 3F

TEL :  03-5645-3033 FAX : 03-5645-3460

E-mail : info@tbeu.or.jp

(c) Tokyo Building Examine Union. All Rights Reserved.

現在募集中