※携帯電話からは
  03−5645−3033
  へ、おかけください。
平日 10:00〜17:30



 
   

 建物に見つかった不具合などが、経年劣化による事象か新築瑕疵かの判断は、非常に困難な作業であります。さらに瑕疵についての証明は、申し入れ側が行なわなければなりません。問題解決までの道のりは長く厳しいものです

 この様な状況を考慮すると、皆さまにとって第三者としての客観的な判断が行なえる技術者の支援が必要になります。瑕疵と思われる箇所の確認に加え、契約内容の確認、設計図書の精査、材料・製品パンフレットの確認など、その作業量は膨大となります。

 分譲マンションの場合には、売主との交渉が非常に難しく、いつも100%要求を認められるわけでもありません。確かな知識を持ち、経験豊富な建築士が皆さまのコンサルタントとして大変に重要な存在になります。

 私たち東京建物診断協同組合は、皆さまと瑕疵コンサルティング契約を締結することによって、客観的なデータや判断に基づく資料を作成します。また
皆さまの技術アドバイザーとして交渉の席に同席し、売主との交渉を可能な限りスムーズに進めるお手伝いをいたします。


  

 

 



Copyright(c)2008 Tokyo Building Examine Union. All Rights Reserved.